ノンリコースローンとは、原資の返済を家賃収入あるいは不動産収入に限定しているため、原則として融資対象の物件以外に債務の返済義務がありません。従って、今までのアパートローンのように、他に担保や連帯保証人などは必要ありません。
収益還元法(DCF)で融資の可否を判断。借りる側の信用や資金力が判断の基準になりません。
購入するアパートの利益をもとに融資額を決定するため本人の職業や年収等は審査における判断基準になりません。
原則として融資対象の不動産以外には債務の返済義務が及びません。万一の場合でもリスクを背負うのは対象不動産のみ
借りる側の個人評価が融資の可否に関わるリコースローンと異なり融資を受ける際の連帯保証人は必要ありません。
シノケンには「ノンリコースローン」の他に初めての方でも、安心してアパート経営をスタートできるようオーナー様を支える「マネージメントシステム」があります。空室の入居者募集から、クレーム処理、補修工事の発注、敷金の精算まで、アパート経営に関する管理業務の全てを大広しています。このシステムを活用することで、遠方にお住まいの方でもアパート経営が可能になるとともに、忙しい方でも本業の負担になることなくアパート経営ができます。